ASUSって何て読む?あなたの知ってるその読み方、台湾じゃ通じないかも?

記事がよかったらぜひシェアしてくださいね♪

お元気ですか?マリアです。

今日の台北は朝から急に気温が上がり、8時半の時点で26度もありました。最高気温は29度ぐらいまで上がったようで、身体がこの陽気にまだついていけません。

そんななか、パソコンの調子が悪いので午後にはASUSの直営ストアに行ってきました。

ところでこのASUSって、なんと読むかあなたはわかりますか?

マリアがはじめて使ったデスクトップPCは、他作パソコンでした。

まだみんながパソコンを一人一台持っていない時代で、値段も高かったのですが、知らないというのはすごいことで、お友達に予算5万円でPCを買いたいと言ったのです。

するとお友達は5万円じゃ買えないけど、パソコンを作れる人がいるから紹介してあげると言ってくれて、その人たちと秋葉原のパーツショップに生まれてはじめて行った時に出会ったのが、ASUSのマザーボードでした。

マザーボードをパソコンがあまり詳しくない人に説明すると、パソコンの動きを制御するとても重要な部分なんです。

その人たちはASUSの事を確か「エイサス」と教えてくれたんです。ですから私もずっとエイサス、エイサスと言っていました。

このASUSは台湾のメーカーなので、台湾に来たらASUSのノートPCを買うつもりでいましたし、実際に買いました。

ですがこの有名ブランド、台湾の人たちに「エイサス」と言ってもぜんぜん通じませんでした。

なんど言っても通じず、「えっ?なに?」と聞き返され、しまいにはもう一つのブランドと間違われ「なに?acer(エイサー)??」と聞かれる始末。

そこでいろいろググって調べたところ、以前、ASUSは好きに呼んでくださいという曖昧な方針だったそうなので、私の知人が「エイサス」と呼んでいたのも間違いではなかったようなのですが、、、、、、。

そして遂に日本のASUS公式サイトの文章を見つけました!!

2012年10月よりASUSは「エイスース」と発音が統一されました。

ASUSについて - ブランドヒストリー - ASUS-ブランドネームの由来

ですが、台湾ではまだ浸透していないようで、アスースと言わないと通じません。

ASUSの中国語名称は 華碩 Huá shuò なので、ASUSと呼ぶことがもともと少ないのかもしれません。中国語に自信がある人は Huá shuò と言ってみて下さい。

そうでなければ、アスースと言った方が、きっと話がスムーズです。

ASUSロイヤル・クラブ華碩皇家俱樂部へ行ってきました
台湾ブランドASUSの直営店はどんな感じでしょうか?実際に行ってみた体験談です。