台湾で部屋探しの時に使うメディアとそれらのメリット・デメリットについて

記事がよかったらぜひシェアしてくださいね♪

みなさんこんばんは、マリアです。
私は昨日、語学学校時代に知り合った、私と同じ外国籍の友人たち、それから台湾人の友人たちと久しぶりに会ってホームパーティをしてきました。中国語と英語、そして時々日本語が飛び交う、とても楽しい夜を過ごせました。

それでは早速ですが、一昨日の続きで部屋探しについて、台北・新北市内を3年間で5回も引っ越ししたマリアの経験から書きたいと思います。(※台湾に住んでもうすぐ4年になりますが、ここ一年は引越ししていない為)

台湾での部屋探しは主に「出租」の貼り紙か、591というお部屋探しサイトで探します。なかにはFacebookの部屋探しコミュニティや友人・知人の紹介で部屋を決める人もいます。

ネタバレ注意!!大流行のホラーゲーム還願Devotionから学ぶ中国語と台湾の歴史文化①
ゲームを通して中国語、台湾の歴史・文化を学びませんか?

他には、前の記事でも書きました。おカネに余裕がある人は、仲介型不動産会社さんで探してもらっても良いと思います。

台北国際学舎に泊まるメリットとデメリット~体験談まですべて話します
昨日の記事の続きです。台北・新北で部屋を借りる前に国際学舎をおすすめする理由などお話しします。

それぞれどんなものか説明します。

  • 仲介型不動産会社

町を歩いていると不動産屋さんの看板を目にする機会も多いですが、不動産販売がメインで仲介はほとんどしていません。

仲介してくれる会社を見つけたとしても、家賃14000元(日本円6万円程)以上の所がほとんどのはずですので、それぐらい出しても良いという人向きでしょう。

メリット:仲介会社が入るので大家さんと直接やり取りしなくて済む。

デメリット:会社自体が少なく、家賃がやや高めの物件が多い。

  • 出租 chū zūと読みます。大家さんが出す貼り紙で、建物の目につく所や、町内会の掲示板などに貼りだされています。私のいまの部屋は、出租の貼り紙を見て決めました。

メリット:ネットには出ていない物件に出会える可能性があります(大家さんによってはネットと両方載せている人もいます)。

デメリット:中国語がわからないと読めない。簡単なエリア名しか書いていない。部屋の種別、大家さんの名前、連絡先ぐらいしか書かれていない。

物件の詳細は実際に電話して、大家さんにいろいろ聞かない事には、わからない事だらけです。中国語が話せない人にとっては難易度が高いです。

  • Facebookの部屋探しコミュニティ

欧米の人たちや、そういった所に住んだことがある人はルーム・シェアの習慣があるのではないでしょうか。Facebookのコミュニティで告知を出している人の多くが、大家さんではなくセカンド・オーナーと呼ばれる人たちです。

例えば4部屋あるファミリータイプの物件をセカンド・オーナーが借りて、4人でシェアしているとします。就職や何かの理由でシェアしていたうちの一人が引っ越す事になると、これまで4人で負担していた家賃を3人で払わなければなりません。

そのような理由から募集をかけている所が多いような印象です。

メリット:ファミリータイプの物件が多いので、キッチンがあるなど上手くいけば使い勝手が良い

デメリット:共有部分の掃除や消耗品の負担など、どうなっているか確認しておく必要があると思います。

  • 友人・知人の紹介

いま住んでいる友人が引っ越すので次にどうかとか、同じ建物の他の部屋が空いたからどうかという紹介のケースです。

メリット:友人・知人が引っ越す前や、実際住んでいる間に物件の中を見せてもらえる可能性がある。周辺環境や大家さんについてなど予め聞く事が出来る。知り合いが近くにいるので安心できる。

デメリット:同じ建物、同じ大家さんだからと言って間取りが同じとは限らない。その知人と万が一不仲になった時に気まずい。

  • 591

台湾人が使っている部屋探しサイトです。賃貸・中古売却物件・新築物件の販売から駐車場情報まで多くのカテゴリがあり、たくさんの大家さんが利用していて、台湾全国の物件探しが出来ます。

メリット:エリア、物件タイプ、料金指定などの組み合わせで絞り込み検索が出来るので、パソコンかスマホがあれば部屋探しが出来ます。

デメリット:中国語で書かれているので慣れるまで苦労する。部屋の内観写真が実際よりかなり美しくお直しされている事が多い。何年も前に内装をした時のいちばん美しい時の写真が使われていたりする。

マリアは台湾に来て実際に3つの物件をこの591で見て契約しました。5回の引っ越しのうち一回は日本から予約した台北国際学舎と今住んでいる出租ですので、591で決めた物件の方が多いことになります。

不動産仲介会社を利用する以外の方法として、友人・知人から部屋を紹介してもらえる人、Facebookのコミュニティで見つけられる人は良いですが、そうでない場合は591を使うのがいちばん探しやすいと思います。

(ブログ記事はマリアの主観で書かれております。あらかじめご了承ください。)

591を利用するにあたって専門用語なども理解しておく必要がありますので、次回は591に出てくる専門用語と実際の使い方を書きたいと思います。

マリアが通っている輔大は今日から9連休になりました。次回の更新は3月31日の夜遅くか、新しい元号が発表される4月1日になるかも知れませんが、いましばらくお待ちください。

フェイスブック・ファンページやツイッターで最新の更新情報が受け取れます。ぜひご登録ください。

マリアの台湾ダイアリー
マリアの台湾ダイアリー - 「いいね!」8件 · 1人が話題にしています - キャリアアップのため台湾語学留学の後、正規留学してしまったマリアの台湾奮闘記。旅行、語学留学、進学、駐在などで台湾を訪れる人に(きっと)役立つ情報をお届けします。

関連記事

台北・新北エリアで後悔しない部屋探しするなら国際学舎に泊まろう!
ブログ読者のY・Wさんからご質問をいただきました。台北・新北で部屋を借りる時に私がどうしたか経験談を交えてお話しします。