台湾土産に黒人を買って帰ろう!watsonsとマウスウォッシュもご紹介

記事がよかったらぜひシェアしてくださいね♪

WATSONS

台湾で何か珍しいものを買って帰りたいあなたにおすすめの商品があります。それは、黒人です。

これじつは歯磨き粉の名前なんです。

台湾で売っている歯磨き粉で、コマーシャルにも出てきます。ちなみに白人という歯磨き粉もあるんですよ。

これを言ったら差別じゃないの?差別用語は使うな!などと騒がれて久しい日本なので、最初見た時は衝撃を受けましたが、文化の違いって、本当に面白いですね。

字面が変わった所で、意味するところは同じな訳ですし、日本ももう少しおおらかになってもいいのかなと思う時があります。

さて、歯磨き粉の黒人ですが、こちらでは黑人(hēi rén)と書きます。

黒人歯磨き粉

台湾の方たちは日本製のものは品質が良いと思っているそうで、お店に行くとたくさんの日本製品が売られています。

ですが商品は台湾に子会社でもない限り輸入されてくるものがほとんどなので、そうなると値段は必然的に高くなります。

以前の私はそれが嫌で、歯磨き粉は日本で買って大量に持って来ていたのですが、先日買い置きをすべて使いきってしまったので、スーパーに買いに行きました。

6月には夏休みで帰国するし、歯磨き粉はいちばん安いのでいいかと黒人を買って帰ったのですが、家に帰ってパッケージを見て驚きました。

大学の授業で看護士経験のある先生が教えて下さったのですが、歯磨き粉にフッ素と書いてあっても、その濃度が1000ppm以上でなければ、ムシ歯予防に対しての効果はほとんどないのだそうです。
ですから、1000ppm以上のものを買いましょうと薦めていました。
※ただし子供には高濃度のフッ素は適していません。歯に黒いシミが出来るなどのフッ素症になってしまいます。お子さんが使われるモノに関しては、かならず歯医者さんにご確認のうえ、ご使用ください。

この黒人は、1本175g 65元(約260円:1元4円換算)という安さで売られているにもかかわらず、なんとフッ素が1447ppmも含まれていたのです。

黒人の歯磨き粉は何も特別なものではなくて、スーパーやドラッグストアなど、どこでも買うことが出来ます。

台湾のドラッグストア

ドラッグストアはいくつかありますが、台湾で開業したCOSMED(康是美藥妝店)か、香港企業の台湾チェーン店、watsons(屈臣氏)のどちらかひとつは、ほぼ必ず駅前や主要なバス停にあります。

いま住んでいる所にCOSMEDはなく、watsonsだけなので、先日もwatsonsに買い物に行きました。

私がいつも好きで買うのはwatsonsで作っているミントグリーンティーのマウスウォッシュです。辛すぎないので気に入っています。

watsonsで作っているマウスウォッシュは、頻繁に1本買うと1本プレゼントや2本で6掛け(6折と書いて6掛けの意味です)などで販売していて、他のメーカー品より安いことが多いです。

ミントグリーンティのマウスウォッシュ

マウスウォッシュはミニサイズでないとお土産に出来ないと思いますが、歯磨き粉は預け入れ荷物にすれば持ち帰れると思います。

(※法律や規約が変わる可能性もありますので、詳しくはご搭乗予定の航空会社にご自身でご確認ください。)

台湾旅行のお土産にフッ素入り歯磨き粉、黒人はいかがでしょうか。