Ikari Coffee(怡客咖啡)の由来は日本語の錨いかり

Ikari Coffee(怡客咖啡)

あなたはIkari Coffee(怡客咖啡)を知っていますか?

読み方は、いかりコーヒーです。

最初のころは私が日本を離れている間に、日本から新しいお店が出店しているのかと本気で思っていました。

出している食事は、大きな白いお皿にオムレツ、ソーセージ、チキン、サラダが載っているワンプレートで理想的な食事が摂れるブランチ(Brunch)シリーズや、野菜たっぷりのサンドイッチ、バーガーなどです。

その他にもパスタ、ワッフルもありますし、ケーキも沢山の種類があって、日本人が好きそうなメニューばかりなのです。

そんないかりコーヒー(Ikari Coffee:怡客咖啡)は、台湾で創業したお店で、1994年一月に誕生しました。

名前の由来は、日本語の錨IKARIから来ているそうで、現代人の忙しい生活のなかで、港にいかりをおろして一休みできるようなイメージでその名前を付けたそうです。

どうりで私が勘違いしたのも仕方がないのかなと思います。

そして、この日本語の名前を付けた創業者のコンセプトは大成功なのではないでしょうか?

私は以前、Pita Breadセット NTD150を食べた事があります。

サラダはカップに入っていて、緑の野菜の他にナッツ類も入っていて彩りも奇麗ですし、歯ごたえもあって私は大好きです。

先日は、エビサラダベジタブルバーガー(鮮蝦沙拉時蔬漢堡) NTD75とホット抹茶ラテ(抹茶拿鐵 Green Tea Latte) NTD90を注文しました。セット割引が効いて合計NTD135でした。

マグカップの大きさはスタバのLサイズぐらいだと思います。バーガーの高さはマグカップより上の位置にありますので、その大きさがわかるかと思います。

IkariCoffeeバーガーとラテセットのアップ

写真撮るまでにもたもたしていたので、ホット抹茶ラテのミルクが分離してしまいましたが、出来立てはもっときれいでした。

メニューにはエビサラダと書いてありますが、たらこマヨネーズのような味がしました。

どこにも和風とは書いてないのですが、和風な味付けでとっても美味しかったですよ。

IkariCoffeeバーガーとラテセット

バーガーとラテだけでも十分お腹いっぱいになったのですが、この日は店内で宿題をやっていたので甘いものが欲しくなってしまい、閉店少し前に追加でレモンチーズケーキも注文しました。

レモンチーズケーキ

ショーケースにはテンパリングがばっちり決まった美味しそうなチョコレートケーキ数種類と、チーズケーキ数種類、他にも種類がたくさんあって、どれも美味しそうでひとつに決めるのが大変でした。

ケーキのサイズも大きめで、台湾のコーヒーとケーキのお店85℃と比べると二倍ぐらいありました。ただお値段も2倍ぐらいのNTD85ぐらいしましたが、スタバと比べるとサイズは大きいし、値段も安いと思います。

台湾には本当にたくさんのコーヒーチェーン店、フランチャイズ店がありますので、お気に入りのお店を探すのも台湾での楽しみのひとつです。

Ikari Coffee(怡客咖啡) 松江南京店 7番出口すぐ
住所:台北市中山區松江路125號
TEL: 02 25162586
営業時間:平日07:00~22:00 土曜08:00~21:00 日曜祝日08:00~18:00

関連記事

今日は台湾の大手町、松江南京です。 近隣のスーパー、飲食店とおもしろUFOキャッチャーをご紹介します。