プライオリティ・パスの紹介とプラザ・プレミアム・ラウンジ体験記 桃園國際機場編

記事がよかったらぜひシェアしてくださいね♪



私は楽天のプレミアムカード会員なので、プライオリティ・パスというカードを持っています。

そこで今日は、LCCの深夜便を選んだ時の空港での過ごし方でも触れた、プライオリティ・パスについて書きたいと思います。

LCCの深夜便で台湾と日本を往復する人って多いと思います。深夜や明け方の空港内っていったいどんな風なんでしょうか?たった数時間のフライトだから大したことないんでしょう?最初は私もそう思ってました。実際のところはどうなんでしょうか?快適な空港での過ごし方をご紹介します。

プライオリティ・パスは、じつは楽天を通さなくても個人で申し込むことが出来ます。

コースが3つあって、真ん中のスタンダード・プラスの場合、年会費USドル299でラウンジを10回まで無料で利用できます。

そんなに利用しないという事でしたら、スタンダードコースでUSドル99 、ラウンジ一回利用毎にUSドル32というプランもあります。

また、お金さえ払えば、プライオリティ・パスがない一般の人でも空港ラウンジが利用出来る場合があります。例えば、これから紹介します桃園国際空港ターミナル2のプラザプレミアムラウンジ (ゾーン A1)の場合、空港ラウンジの2時間利用でUSドル43.00でOKです。

1ドル111.17円 2019年3月10日日曜日 19:28現在

ですが、楽天プレミアムカード会員ですと、カードの年会費一万円(プラス消費税)を楽天に払う事にはなりますが、このプライオリティ・パスは無料サービスで付いて来ます。

プライオリティ・パスの通貨設定がドルなので、支払った日のレートにもよりますが、年に2回空港ラウンジを利用すれば大体元は取れる計算になると思います。3回も利用できればおつりが来たようなものですね。

他には、これは楽天側のサービスとしてですが、楽天トラベルサービスに申し込むと、自宅から空港までの荷物を届けてくれるサービス(もしくは空港から自宅まで)を年2回まで無料で利用する事もできます。

ふだんから楽天で買い物をしている人にとっては楽天のポイントも貯まるし、とても良いサービスだと思います。

ただし、このプライオリティ・パスは自動で発行されるものではないので、楽天プレミアムカード会員になって、カードが手元に届いたら、楽天e-NAVI経由ですぐに申し込む必要があります。

申し込むと2週間程でクレジットカードと同じ登録先の住所に届きます。

これを持っていると、日本国内外の空港ラウンジが使えるので、出国後から登場を待つまでの時間がとても楽しくなりますよ。

プライオリティパスが使える場所は台北エリアでは、桃園國際機場の中に四か所にあります。

出発ターミナル2
プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンA)24時間

プラザプレミアムラウンジ (ゾーン A1) 0600 – 2200

出発ターミナル1
プラザプレミアムラウンジ (ゾーン C) 0600 – 2200

プラザプレミアムラウンジ (ゾーン D) 24時間

私が最初に利用したのはターミナル2のプラザプレミアムラウンジ (ゾーン A1) です。
その時の写真を掲載します。

ラウンジ利用の際はこのカードと搭乗券の提示を要求されますので、必ずカードを持参してくださいね。

ターミナル2のプラザプレミアムラウンジ (ゾーン A1) は、エスカレーターを上がった所にあります。今年2月に利用したラウンジは落ち着いた室内でしたが、昨年夏に利用したここは、吹き抜けになっていて、とても開放的な作りでした。

どこもだいたい、出国ゲートを通過したらすぐの所にあるので、PLAZA PREMIUIM LOUNGEというこのマークを目印に探すとすぐに見つかりますよ。

プラザ・プレミアム・ラウンジ

ソファー席を確保して、まずは生ビールを取りに行きます。

こんな風にサーバーがあります。自分でグラスに注いで飲みます。他にも赤ワインと白ワインがあるので、食いしん坊なマリアは、全種類、少しずついただきました。

生ビールサーバー プラザ・プレミアム・ラウンジ

スタッフの方がいる所へ行くと調理した料理を出してもらえます。

台湾は牛肉麺が有名ですが、しばらく食べ収めなので注文しました。

カウンターに並んでいるものは、自由に取って食べて良いものです。右側には生野菜のサラダにデザートもあるので、自分で好きなだけお更に取って食べます。

プラザ・プレミアム・ラウンジのサラダバー

作っていただいた牛肉麺がとってもお上品で美味しくて、食が進みます。

器が小さいので、結局お替りして2杯食べました。とっても美味しくて、病みつきになります。

カウンターに置いてある高菜をトッピングして食べるのがおススメです♪

牛肉麺

ひととおり食べたら、最後は締めのコーヒーとデザートが欲しいので、取りに行きました。
取りに行っている間に、黒服のスタッフの方がお皿やグラスをすぐに片づけて下さいます。
写真はドリンクバーとワイン、グラスのコーナーですが、この近くにコーヒーマシンがありました。私はプチケーキと淹れたての美味しいコーヒーをいただきました。
最後にまだ時間があったのでラウンジの中を探検しました。
入口左側にはビスケットやちょっとしたおつまみ類、ブレッドにバター、バナナがありました。
英字新聞や雑誌も置いてあって、フライト情報も近くにあるディスプレイでリアルタイムに表示されています。充電も出来ますし近くに清潔なお手洗いもありますので、広い空港内をあちこち歩きまわらなくて良いのが嬉しいです。
(遅延などない限り)出発までは2時間程度ですが、毎回とても快適に過ごせています。
ひさしぶりに生野菜サラダなど美味しいお料理を見たので、この後エバーエアで機内食が出るのにお腹いっぱい食べてしまいました。(ですが美味しい食べ物は別腹なので、機内食はCAさんに頼んで少し時間をずらしていただいて、しっかり完食しました!!)
今年利用した他のプラザ・プレミアム・ラウンジも提供されるサービスはほとんど同じでした。
香港の空港でも同じサービスが利用できるようなので、もし予算が許せば今度の連休に行ってみたいと思っています。

プレミアム・パスがあれば、世界中1200か所以上の空港ラウンジが利用できます。

アジアだけでも、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、香港、中国、グアム、サイパン、ニュージーランド、オーストラリアの国際空港ラウンジが利用可能です。
空港ラウンジで出発までの時間をゆっくり過ごしたい方は、楽天プレミアムカードを一枚持っていると便利だと思いますよ。

(プライオリティ・パスの有効期限は2年間なので、期限を迎える前に余裕を持って更新手続きをしてくださいね。)