台湾の大学は入るの簡単で卒業は難しいのか?

記事がよかったらぜひシェアしてくださいね♪

こんばんは、マリアです。

6月の期末に向けていよいよ忙しくなってきました。

しかも今学期は変則的で、専門用語が多くて覚えるのが大変な社会学の小テストを来週に、期末テストを再来週に控えています。

もう今から気が気じゃありません。

第二学期のスケジュール

ざっと今学期5月20日~6月21日までのスケジュールをお見せします。

空欄になっている所は何をしているのか?

毎回授業前、もしくは後に、グループでディスカッションし意見や自分たちで作成した企画を発表する科目が大半を占めています。

台湾ではLINEが主流なコミュニケーションツールです。

LINEを通してみんなの都合の良い時間に集まったり、ミーティング出来ない時はLINE越しにディスカッションしたり、書類のやり取りをしています。

必須科目以外はみんな取っている授業も違うし、学年やメジャーも違うので、LINEを駆使していかに上手くひとつの成果物を仕上げるかにかかっています。

学年が上がるにつれてこの辺りのスキルは上がっていきます。

うちの学部では、私ひとりだけが母語が中国語ではない外国人ということもあって、マイノリティーです。

同級生と組んでやるのもいいのですが、上級生や違うメジャーの人と組むのも割と好きです。

違うメジャーから来ている人たちは、自分の学部での平均成績が85点以上で他の学部でダブルメジャーを取る事を許可されてきている人たちなので、グループワークの時も段取りがよく、引率力があって、私の不足している語彙力も理解し、助けてくれる人が多いです。

いま大学二年生なのですが、今回の期末テストでは一年生の時ほど筆記テストが多くないので、少しだけ助かっています。

筆記テストだとどんな問題があるかというと、たいていが選択問題60%と残りは記述式問題40%です。

用語だけ書かれていて、これを説明しなさいとかそういう類のもので、内容を理解していないとアウトプット出来ません。まして語彙力が足りないと先生は意味が分からないので容赦なく減点対象になります。

理論を説明させる先生が多く、中国語で書くときに使う動詞や形容詞を間違うと、意味が変わってくるので、それも減点対象になります。

理論について、必ず、先生がはっきりと理解できるように説明する必要があるので外国人の私には特に難しく感じます。

成績はどう決まるのか?

台湾の大学は出席率、授業態度、提出物、テストですべての成績が決まります。

ただし交換留学生の場合、台湾教育部の管轄ではなく台湾の卒業要件も何も関係ないため、扱いが少し違うようです。

一年生のとき、選択科目だったからというのもあるのでしょうが、宿題の提出が遅れていたので一度先生に「〇〇の提出物をまだ出していないのですが、先生のおっしゃる意味がよく理解できないので、どう作ったらいいか教えていただけませんか?」と聞きに行ったら、『きみ交換留学生でしょ?気にしなくていいよ。出さなくていいから』と満面の笑みで言われた事がありました。

これはまずいと思い咄嗟に「先生、私は学部生です。他のみんなと同じに成績とって卒業しないと困るんです!!」と念を押しました。

正規留学生の場合はぜったいに先生にそう主張しましょう。後からあのレポート出してと言われても時間的に間に合いません。

台湾の大学は入るの簡単で卒業が難しいのか?

台湾の大学も台湾人の場合は試験を受けて入ります。

無試験で入っているのは留学生と交換留学生だけです。

高校のレベルにも、もちろんよるのでしょうが、高校で既に心理学を学んでいたり、授業の一環で簡単な小論文を書いたりしているそうです。

台湾人は漢文は高校で易しいものを、大学ではより深い内容の物を国語の授業で必ず受けます。

そのかわり、大学で論文をかかせるという話はなく、日本のようにゼミがどうという話をほとんど聞きません。

大学院の修士課程で論文を書くことになるのですが、彼らはそれが完成するまで卒業できません。ですので留年する人も多いようです。

数学に関して、私の学部はパソコンを使った統計の授業があったのですが、筆記で答える問題もあって、かなりの生徒が数式を使ってすらすらと問題を解いていました。

発音は英語のリダクションが独特で聞きなれない発音の子も多いですが、読み書きなら結構なレベルの子も多いです。

台湾の大学事情

台湾の大学も日本同様に専門学校から昇格した大学があります。そして日本同様に、少子高齢化で、それは日本を追い越す勢いです。

そんな状況なので、あまり知名度のない大学は次の年にいきなり閉校になったりします。

そう考えると、大学のレベルも様々ですが、一概に入るのが簡単とは言い切れないと思います。そして卒業は、本当にスケジュール管理をしてやるべきことをやらないとかなり大変です。

それでもみんなサークルに入ったり、バイトをしたり、寝ずに宿題に取り組んだりしています。

私も提出物が沢山たまってきたのでしばらくの間、週末にブログ更新する事にします。

更新がない間は過去記事をご覧になって、次回の更新をどうぞお待ちください。

超学歴社会の台湾

ホラーゲーム還願Devotionから学ぶ中国語と台湾の歴史文化②
台湾発のホラーゲーム、プレイした人もまだの人も、怖いから見たくないって人も、みーんなOK!ゲームを通して台湾文化を学びましょう!

関連記事

なぜ輔仁大学に進学を決めたのか?大学申請までの道のり①
中国文化大学、国立台湾師範大学、淡江大学、東呉大学。台北市内の大学をいろいろ探した結果...、こうなりました。 志望校を決めるまでの葛藤やその時親友からもらったアドバイスなどを思い出しながら書いています。

関連記事

台湾の大学は朝八時から授業があるんです
台湾の大学生活ってどんな感じなんでしょうか?日本との違いは?勉強は大変?アラフォー大学留学記のシリーズ第一弾です。