マスク買占め転売は3年以下の懲役の台湾で元医師も自身の考えを表明

新型コロナウイルス

こんばんは。新型コロナウイルスの連日の報道を帰省中の日本からウォッチしているマリアです。

台湾は中国と同じように旧暦で動いているため、どこの大学も旧正月の数週間前にようやく冬休みに入りました。

台北へ戻る航空券は去年のうちに買ってしまっているので、今後の動向が気になって仕方ありません。

単純に台湾の事が気になる方も、これから台湾へ行く予定の方も一緒に、台湾政府の対策と国内の状況を見て行きましょう。

新型コロナウイルスの別名

前回の記事で、台湾での新型コロナウイルスの病名は嚴重特殊傳染性肺炎とご紹介しましたが、最近では武漢肺炎 wǔ hàn fèi yánと表記されるようになりました。

発生当初はまだ情報が錯綜していましたが、武漢で広まった病気のため、そのように変更されたものだと思われます。

日本語読みだとウー ハン フェイ イエンとなるでしょう。

 

中国広東省人の入国禁止を決定

2月2日、中央流行疫情指揮中心は、広東省での中国の新型コロナウイルスの状況を鑑み、中国広東省の新型コロナウイルス危険度をレベル2(最高はレベル1)とし、 広東省在住の中国人の入国を禁止しました。

さらに台湾の3つの離島経由で台湾に入国する台湾人、もしくは広東省の歴史家は入国からの14日間、自宅で検査結果を待つこと、さらに無症状で入国した香港・マカオ居住者であっても健康の自己管理をするよう公布しました。詳しくは以下の通りです。

 

1-1.広東省在住中国人の入国禁止

1-2.台湾の3つの離島・金門・馬祖・澎湖地域と台湾を直接行き来する交通手段を経て入国する台湾人、および広東省の歴史家は、一律自宅で隔離された状態で14日間の検査結果待ち(待機期間)とする。(その間、外出禁止です。)

1-3.香港・マカオからの無症状で入国した旅行者は、健康管理を行い、該当期間はなるべく外出を控える。もし外出する際は外科用マスクをして外出する。

1-4.上気道に症状のある旅行者は、たとえ検査結果が陰性であっても14日間、自己健康管理をすべきである。

台湾の参加を拒否し続ける世界保健機関(WHO)

以前、私のブログでご紹介しました台北市長の柯文哲氏の事をみなさんご存じでしょうか。

惜しくも今年の台湾総裁選では当選しませんでしたが、氏は台北市長として、また元医師として台北市民、そして台湾を訪れる人々へ素晴らしい貢献をしている事は事実です。

1月21日、台湾では新型コロナウイルスの最初の症例が確認されました。

ですが台湾はWHOに加入していないため、WHOからの視察団も来ていません。

日本では「桜を見る会 」 について国会で長らく取沙汰されるなか、台湾ではWHOに加入する方法に争点があてられています。

悲しい現状ですが、中華人民共和国の掲げる「ひとつの中国」というプロパガンダから、台湾のWHO加入は実現していません。

その件に関し、元医師であり、現台北市長である柯文哲市長へ報道陣から質問が出たようで、氏は「台湾にはWHOから排除される理由はなく、やはり参加する必要がある。WHOに参加させないのは間違っている。」と発言しました。

人の命を救うのが医師の務めであり、氏が台北市長を志したのもひとつの命をめぐってのある事件がキッカケとなっています。(この件については、必ず後日記事にします。)

この現実について、ブログ読者のあなたはどう思いますか?

マスクの輸出禁止以外にも購入枚数制限をかける台湾

台湾政府は600万枚のマスクを備蓄し、1月28日から30日までの3日間の一人当たりのマスク購入枚数を3枚までとする応急措置を発表しました。

そのためスーパーには早朝からマスクを買うための行列ができました。

マスクは1枚台湾ドル8元(約30円)です。

50枚入りの箱を開封し、ビニール袋を手にはめた状態でマスク3枚を取り出します。

そのビニール袋を裏返すと、清潔な状態で消費者に手渡せるという方式です。

またこのマスクの購入制限は1月30日に、2月15日まで延長すると発表されました。

ですが、2月からはマスクの価格が1枚当たり台湾ドル6元に値下がりするそうです。

ありがたいですね。

 

外国人はマスク持参で台湾に入国してください

それでも台湾では既にマスクとアルコール消毒液が店頭にない状況が続いていると友人たちから連絡が入っています。

購入枚数に規制がかかっていますが、台湾国内のニュースによればすべてのお店で購入できるわけではなく、さらに一人3枚も在庫がないのが現状という事です。

しかし友人たちからの話によれば、現実では、冒頭のようにマスクもアルコール消毒液も店頭にない状態が続いているので、日本に帰省しているのなら、日本からマスクを持参して来た方がいいと忠告を受けています。

 

台湾国内に入国できる中国籍の人は現状かなり少ない状況のため、それよりも、密室空間になる飛行機や船の方がよっぽどマスクを必要とすると思うのですが、日本国内でもマスクが不足しているいま、マスクが無い人はどうやって飛行機に乗ったら良いのかと考えてしまいます。

台湾のマスク購入枚数制限の理由

台湾は旧正月でマスクの生産工場は生産がストップしていました。

そんななか発生した今回の新型コロナウイルスの蔓延を鑑み、台湾全土ではマスク不足が懸念されます。

そこで台湾政府は工場や商店の生産販売が通常に戻るまでの間、マスクの購入枚数制限に踏み切りました。

1月30日、台湾の最高機関である行政院と総統府は、マスクを徵用し、一律配布することを発表しました。

対象は医療用及び外科用マスクで、毎日400万枚のマスクを先に医療機関、公務使用に配布し、つづいてスーパー或いは衛生福利部指定の薬局・ドラッグストアなどの特定コーナーに出すという事です。

マスクの買い占めと転売者には罰則が設けられている台湾

公平交易委員会によると毎日人を派遣し検査するため、買い占め高値での転売が出来ないように仕組みになっているそうです。

もし違法行為があった場合には調査にかけられ、《公平法》第40条により、台湾ドル10万から5000万元の罰金が科されます。

これでも改善されない場合には、3年以下の刑が科されます。

これ以外にも、消費者間で問題が発生した際は1950番の専用ダイヤルに通報できるようにしています。

この台湾政府のフェアなやり方、私はなかなか好感が持てますが、あなたはどう思いますか?

台湾にある企業や学校に変化はあったのか

社内でのマスク着用を義務付け

台湾にある日系企業の社員さんのお話では、会社からの通達で、社内ではマスクの着用が義務付けられているそうです。

学校での対応

台湾にいるお友達から入ってくる情報によれば、台湾の大学では新学期を延期している所も出ているそうです。

今日現在まで、わが校ではそのような連絡は入って来ていません。

ですがこれまでに台湾政府から発表されている義務は科されるので、中国から戻った人や中国旅行へ行った人は14日間の自宅待機であるとか、マスクをつけるようにとか、細かく中国語で書かれた通知は来ています。



SARSの時も大変でしたけど、騒動がここまで長引かなかったような気がしています。

世界中のみんなの生活が一日も早くまたいつもの日々に戻れますように。

関連記事

台湾での新型コロナウイルス対策
新型コロナウイルス肺炎が猛威を振るうなか、台湾ではどのような対策をとっているのでしょうか。

関連記事

働く人の味方!台湾の病院は夜遅くまで空いている~そして台北市長との関係
台湾の病院事情 台湾の病院は、台北市立病院でも結構遅くまで開いています。 平日は夜8時までに病院にチェックインすれば夜間の診察が受けられます。 土曜日は午後まで診察をやっていて、午後4時までにチェックインすれば診察...

コメント